シミを消したい時には化粧品?

シミを消したい人はとても多いです。

30代以上の殆どの女性が多かれ少なかれシミに悩んでいますし、昨今の美白ブームで肌が白いほどエライ的な世の中になっているので当然ですよね。

しかも最近はあまり騒がれなくなりましたが、オゾン層は着実に薄くなってきているので、紫外線も強さが増しているのです。

こんな状況ですから、シミを何とかしたいと考える女性が多いのも頷けます。

 

シミの種類

一口にシミと言ってもシミには色々な種類があります。

  • 老人性色素班(日焼けなどによるシミ)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 肝斑
  • 後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)
  • ほくろ
  • あざ
  • ニキビ痕

細かく分ければもっと色々あります。

これらにはそれぞれ原因があり、その原因に合わせた治療を行わないと、いくらシミを消したいと思っていてもシミを消すことが出来ないのです。

こんなに色々なシミがあるのに、実際に自分のシミを見た時にどれなのか判断が付かないケースが多いです。

特に、老人性色素班と肝斑が見分けにくかったり、同時に出来ていることもあるんですよね。

 

シミの治療法

シミを治療する方法は色々あります。

それこそ、石鹸や化粧水などの化粧品やサプリメント、漢方薬、皮膚科での薬やレーザー治療、光治療など様々です。

シミの予防や小さいシミ、薄いシミは化粧品やサプリメントで対応できそうですが、肝斑や濃いシミ、ほくろ、ニキビ痕などは皮膚科の薬やレーザー治療、光治療でなくては消すことは出来ないのです。

自分のシミの状態に合わせて色々と試してみると良いでしょう。

 

シミを消す成分

シミを消すのに皮膚科で一般的に良く使われるのが、ハイドロキノンとトレチノインの併用です。

ハイドロキノンはシミの予防と漂白効果が高く、トレチノインで強制的に肌表面を剥がしてしまいます。

ちょっと怖いですが、効果はあるようです。

ただ注意しなければならないのが、肌は一人ひとり違うので合う合わないがあります。

当然効果が出なかったり、副作用が出てしまう事もあるでしょう。

 

最近はネットでハイドロキノンを購入できますが、ハイドロキノンは濃度と鮮度は重要ですから、皮膚科の指示に従ってシミ治療を進めるべきです。

安いからと言って、安易にネットで購入して使っていると、副作用など思わぬ事態を招いてしまうのでご注意ください。

 

シミ取りレーザーは効果的?

シミ取りレーザーを知っていますか?

500nm~1000nm程度の波長のレーザーを照射し、メラニンを焼いて強制的に代謝させる方法です。

この方法はかなり効果的です。

通常使われるのがルビーレーザーやYAGレーザーと呼ばれる物です。

名称は波長の長さにより異なります。

また、最近の機種ではQスイッチと言う機能が付いています。

これは出力を一気に放出する事で、周辺への刺激を極力抑えることに効果が高い仕組みです。

これにより、周辺へのシミの広がりを抑えることが出来るのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    このページの先頭へ